Facebook Twitter
business--directory.com

鬼ごっこ: リサーチ

リサーチ でタグ付けされた記事

フルフィルメント サービス

投稿日: 行進 4, 2024、投稿者: Denver Mallick
米国のサービス業界は、総生産の非常に重要な部分を提供しています。 つまり、「生産」の概念と原則は、銀行、ヘルスケア、観光などの非製造活動にすでに有利に適合していることを意味します。 | - | 生産機能は、ますます世界的な課題になる可能性があります。 日本とドイツに記載されている自動車エンジンは、実際にはアメリカの自動車に設置されています。 さらに、米国の主要な自動車メーカーは、日本で自動車を作成し、米国や他の場所で独自の名前で販売するための手配をしています。 一言で言えば、生産性、およびそれを測定することへの懸念は、ますます競争の激しいグローバル市場で営業しているマネージャーにとって依然として困難です。 | - | フルフィルメントサービスで極めて重要な役割を果たしている運用管理システムは、オペレーションリサーチ、他の多くのツールなどを使用することにより、より生産的であると予想されています。 生産性は本当にマネージャーの大きな関心事です。 制御プロセスの重要な部分である測定を意味します。 スキルワーカーの生産性測定は、通常、マネージャーなどのナレッジワーカーの生産性測定よりも簡単です。 | - | しかし、特に競争力のある環境で運営されているサービス業界には、管理上の生産性が不可欠です。 生産管理は、製品を製造するために不可欠な活動を特定します。 同様に、購入、倉庫、輸送と他の操作を組み込むことができます。 運用管理には同様の意味が含まれており、物理的な製品に加えて何かを生産および配信するために不可欠な活動を議論します。 | - | 運用管理システムモデルは、入力、変換プロセス、出力、フィードバックシステムを示します。 さまざまなツールとテクニックにより、運用がより生産的になります。 マシンを操作できるようにするには、整理、人員配置、リーディングの管理を効果的に完了する必要があります。 制御には、コンピューターによってサポートされることが多い情報システムが必要です。 オペレーションの研究は、最良のソリューションに到達するための定量的根拠を確保するために、問題の状況における代替の分析に科学的ソリューションを適用する可能性があります。 。 | - |...

国際建設オンデマンド

投稿日: 11月 28, 2023、投稿者: Denver Mallick
重建設機器の最大のメーカーは、アメリカ、日本、ドイツ、フランス、英国で見つけることができます。 一方、重い建設機器の次の最大かつ競争力の低いメーカーは、カナダ、中国、ロシア、ラテンアメリカ、韓国、イタリア、ベルギー、スウェーデンにあります。 しかし、このポジションは、今日の絶えず変化する市場動向により、開発途上国が低い材料と人件費を提供することで重い建設機器メーカーを引き付ける能力を持つための十分な理由で簡単に変化する可能性があります。 | - |重い建設機器の世界的な需要は広まっており、大規模な生産で、毎年ほぼ30%が外国市場に参入しています。 外国為替市場は、すでに先進国のリストの主要な流れと、国内生産がほとんどない発展途上国による大規模な輸入によって定義されています。 | - |アメリカの隣で、日本は、ドイツと英国が近くに続いて、重い建設機器の支配的な純輸出国です。 アメリカはまた、重い建設機器の重要な輸入業者であり、豊富に輸入され、中程度のサイズの貿易黒字を所有しています。 発展途上国では、主要な地理的地域や個々の国で優勝しているすべての建設機器を考慮すると、重所有の機器が民間の請負業者や公的機関によってある程度使用されることが典型的です。 使用済みの重い建設機器を購入することは選択肢になる可能性があります。 | - |重い建設機器向けの生産設計と製造技術がより開発されているため、頻繁に進歩しています。 トラクター、ローダー、ミキサー、クレーン、および自動トランスミッション、電気制御、エンジン監視システムなどの他の重い建設装置など、いくつかのものが、まったく同じサイクルを繰り返すようにプログラムできるようになりました。 オペレーターの快適性を改善するその他の進歩は、エアコンのあるキャブ、傾斜ステアリングホイール、騒音削減デバイスです。 | - |世界の重い建設機器業界には、主に約1000社が含まれており、小規模な企業が小型機器に焦点を当てています。 部品と添付ファイル。 多くの主要メーカーには、Caterpillar、Komatsu、Case、Volvo、Deere、New Holland、Hitachiが含まれます。 すべての重い建設機器メーカーは、戦略的に計画を立て、会社が拡大して強力な状態を維持するために着実に継続するかどうか、または自分の会社がダウンしているかどうかを決定する必要があります。 これらの決定には、カタピラーがCNH、Incを作成するためにニューホランドと融合していたため、他の人とのパートナーシップを作成することを選択している多くの企業があります。 | - |研究開発に焦点を当てることができ、重い建設機器のメーカーが多くの点で競争力を求めています。 たとえば、CaterpillarとKomatsuは、メーカーシステムとともにコンピューター設計を使用することで、おそらく最高の生産者であり、おそらく研究開発に費やしています。 テクノロジーが発展するにつれて、重建設機器のすべての主要メーカーは、製品をテストおよび強化するための新しく改善されたソリューションを見て、競合他社で一歩先を行っています。 | - |...